MENU

01

道産クラフトビールを味わう旅

Hokkaido craft beer

ジンギスカンに海鮮料理、スープカレーなど、北海道といえば“食”が大きな魅力。その中でも近年、“クラフトビール ”が注目されているのをご存知でしょうか。
クラフトビールとは小規模な醸造所で職人の手によって造られるビールのことで、元々は“地ビール”と呼ばれていたものが、手工芸品(クラフト)になぞらえて呼び名を変えたといわれています。
今回は、北海道のクラフトビールが味わえる札幌市内の4店をハシゴしました。

その日できた分だけ、一期一会の味わいを
街中のブルーパブ「月と太陽BREWING」

最初に訪れたのは、二条市場の近くに位置する「月と太陽BREWING」。2014年秋のオープン以降、道内外問わず多くのビール好きの目に留まり、予約が取りづらいほどの人気店に。けれど代表の森谷祐至さんはいたって謙虚に「ビールも料理も良質な素材あってこそ。そこに付加価値をつけて提供しているだけです」と話します。

代表の森谷祐至さん。全国各地のブルワリーが集まる野外イベント「Sapporo Craft Beer Forest」の実行委員も務める

森谷さんは飲食店に約10年間勤め、2013年末に独立。オリジナリティを追求した店作りを考える中で“飲み物まで手作りしたい”との思いから、自身が好きだったビールの醸造に興味を持ったといいます。当時、札幌もとい道内でなじみの薄かった“ブルーパブ(ビール醸造所を併設する酒場)”という形態で展開することを決意。道内各地のビール工場へ出向き、飛び込みで醸造に携わって経験を積んだといいます。

同店では“本日のクラフトビール”として日替わりの10タップを用意し、自家醸造のビールはその日できた分だけを提供。森谷さん曰く「基本的に同じビールは作らないようにしている」ので、まさに一期一会の味ばかりです。

初めての方は5種の飲み比べセットがおすすめ。それぞれ150mlサーブされるので、一人でも数人でも楽しめる

フードメニューはおつまみからメインまで、ついついビールが進むものばかり。「道産じゃがいものフライドポテト〜自家製オーロラソースで〜」は、素材のおいしさをストレートに表現した一皿。じゃがいもを丸ごとボイルしてから手で裂いて揚げることで、ホクホクとした食感をより良くしているといいます。

いつ訪れても“ビールの新発見”と出会える「月と太陽BREWING」。ここからクラフトビールにハマる人が増えていくことでしょう

 

 

江別の工場から出来たてのビールを直送
「Beer Bar NORTH ISLAND」

次に訪れたのは、札幌の隣町・江別市にて醸造を行うSOCブルーイング株式会社の直営店「Beer Bar NORTH ISLAND」。関東を中心に全国各地でも飲まれている「NORTH ISLAND BEER」を全種類、いつでも出来たての状態で味わうことができます。10階建てビルの最上階とあって、市内のビアバー随一の景色とムードあふれる空間が自慢。“レンガの街”と呼ばれる江別市をイメージした内装から地元愛が感じられます。

調理している様子が見られるキッチンカウンター

“Beer is Art”をコンセプトにカナダで修行を積んだ醸造家たちによって造られるビールは、北海道のブルワリーではあまり見かけない、ホップをふんだんに利かせた北米スタイルのビールです。中でもI.P.Aが人気で、柑橘を思わせるホップの香りが心地よく鼻を抜け、ガツンと来る苦味が喉をかけ抜けます。「うちのI.P.Aは苦味が強め。他のI.P.Aだと物足りなくなる、と話すお客様がたくさんいらっしゃいます」と店長兼料理長の土橋謙太さん。夏は特にオーダーされるというヴァイツェンは江別産小麦・ハルユタカを使用しており、ほのかな酸味と甘みが広がります。

左からヴァイツェン、I.P.A、コリアンダーブラック

ビールに合う料理としてジンギスカンを用意していますが、驚くのはステーキのような肉の厚み。塊肉をミディアムレア程度に焼いてからスライスし、これまた北海道ならではの山わさびをたっぷりトッピングしています。他にも江別産のじゃがいもや玉ねぎを使った料理などが並び、ここにも地元愛があふれています。

人気の「厚切りジンギスカン山わさび醤油」。旬野菜のピクルスもビールにぴったり

連日お客さんが絶えない「Beer Bar NORTH ISLAND」ですが、狙い目は日曜日。15時から営業しているので、夕日を眺めながら一杯なんていかがでしょうか。

16タップを贅沢に飲み放題
「クラフトビア食堂 VOLTA」

3軒目は札幌の繁華街・ススキノの裏通りにある「クラフトビア食堂 VOLTA」。最大の魅力は常時16タップという種類の多さと、それが飲み放題で味わえること。道内のクラフトビールはもちろん、道外の人気ブルワリーや北海道では出回っていないビールなど、全国各地のクラフトビール情報をいち早くキャッチして仕入れているといいます。店長の後藤小夜子さんは「1日で3〜4種類が入れ替わることもあるので、毎回新しい味との出会いがありますよ」と話します。

かわいいロゴが目印。どんなニーズにも応えられるよう、さまざまなテイストのビールをバランス良く揃えている

もう一つの魅力は、食堂というだけあってフードメニューが豊富なこと。肉刺しや肉寿司といった肉料理が中心で、中でも肉刺しは1テーブルにつき必ず1回は注文されるほどの人気メニュー。肉の産地や部位、タレなどさまざまな味を用意しており、3種または5種の盛り合わせもあるので数人のグループでも十分に楽しめます。

「和牛肩ロース肉の炙り寿司」は目の前で炙ってくれるので、盛り上がること間違いなし。右奥はファンが多い「清水若牛ハラミ炙り刺し〜卵黄醤油〜」

他にも「完熟トマトの天火焼き」は、ここでしか味わえない必食の一品。丸ごとオーブンで焼いたトマトとみたらしのたれ、生クリームを混ぜ合わせてバゲットにつけるのですが、これが何ともクセになる味。思わずバゲットを追加注文する人も多いといいます。

明るい店員さんが多く、アットホームな雰囲気ただよう「クラフトビア食堂 VOLTA」。「ひとりでいらっしゃるお客様も多いです。従業員とおしゃべりしたり、じっくりビールを味わったり、過ごし方は自由です」と後藤店長が話すように、どなたでも気兼ねなくクラフトビールを堪能できる一軒です。

“はじめまして”でも会話が弾む
「ビアバー・ひらら」

最後は狸小路5丁目の三条美松ビル3階に店を構える「ビアバー・ひらら」。南区にある澄川麦酒醸造所にてビールを醸造し、そこに併設する「ビアパブ・ひらら」の姉妹店として2019年春にオープンしたばかりです。

基本は立ち飲みスタイル。椅子に座ってゆったり飲むこともできる

代表を務める齋藤泰洋さんは元々、ドイツビールを中心に提供する「ばぁる・ひらら」を営業しており、当時のポリシーとして「仕入れの際は必ず醸造先を見学し、醸造家と会っていました。そうすることで、お客様へビールの情報を伝える熱量が変わります」と話します。自身も醸造に興味があったものの設備投資の面で諦めていたという齋藤さん。ところがあるとき、島根県の小さな醸造所を見学したことで「設備を工夫すれば自分も挑戦できる」と確信。“自分が飲みたいビールを造る”をモットーに、醸造免許を取得してから今に至るまで150種類以上のビールを造り続けてきたといいます。

代表の齋藤泰洋さん(左)と「ビアバー・ひらら」店長兼調理担当の佐竹幸穂さん

そんな齋藤さんに同店を任されているのが、店長であり調理も担当する佐竹幸穂さん。「ビアパブ・ひらら」にお客さんとして通う内、料理やお菓子作りが趣味だったことが高じて店を手伝うことに。ビール好きとあって佐竹さんが作る料理はどれもがビールとの相性抜群で、自家醸造ビールを衣に使用したフリットやビールで煮込んだ手羽先など“ビール料理”も名物です。

「手羽先甘辛煮」と「ビールで煮込んだチキンカレー」。どちらもワンコインとリーズナブル

ビールと料理はもちろんですが、店の魅力は佐竹さん曰く「従業員とお客様、またはお客様同士の距離がとても近いことです」。ビール片手に周りの方々とすぐに打ち解けられる空気感が心地よく、長居する人も少なくないとか。楽しくもあたたかい気持ちにさせてくれる「ビアバー・ひらら」は、旅の締めくくりにおすすめです。ちなみに「ビアパブ・ひらら」は新千歳空港からバス1本で行けるので、気になる方はぜひ南区澄川へも。

gear8

WRITER

gear8